直接商品を買うのでないクレジットの進め方は容易です。クレジットカードを経由してそのまま取引できない品物をダイレクトに買い込むというやり方ではなく、間接的に購入した方が良いのです。解説が容易という根拠により商品券のモデルを駆使して説明してみようと思っています。例にあげようとしている人物が素晴らしいアクセサリーを買いたいと迷ってじっとしています。持ちたいブランドコートを売っている店舗では買おうとしてもクレジットで購入することが無理です。一方JCB、MasterCard、NICOSなどのギフトカードを使用すれば買う事を受け入れてくれるのです。という事でモデルとなる女性はクレジットカードを使用して商品カードを取り寄せして金券カード販売店に向かいクレジットカードを活用してVISA、NICOSなどののギフト券を発注しました。そうして利用したカードを活用して注文したVISA、Diners clubなどの金券をお店に手に持ち訪ね欲しかった有名な銘柄のバックを注文したとします。「どうしてギフトカードで購入した人は手間がかかる手続きをしているのでしょう?」と思う人もいるでしょうが実のところ説明した手段を使うのであれば通常ではもらえることのなかったクレジットカードポイントが獲得できます。普通、直接お金を払って一流の服を取り寄せしたりした時でもカードローンポイントはつきませんし、VISA、MasterCard、Diners clubなどの商品券を金で買い取りした後に活用してもカードポイントは貯まりません。でも解説した場合の時はJCB、MasterCard、NICOSなどの金券をクレジットで買い付けしたという根拠で、有名なカバンを注文した分と同じような量だけクレジットカードポイントがつくようになるのです。こういう場合が直接商品を買わずにカードローンを用いた事になっているという理由で、直接商品を買うのでないクレジットカードと呼ばれているやり方です。

Copyright © 2002 www.jonathan-blake.com All Rights Reserved.